スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども達へ

学習塾を立ち上げて、早一年。
早いものですね。

最近、考えるのは成績について。
成績が思うように上がらない。

過去の偉人は
「過去と他人は変えられない。変えられるのは未来と自分だけ」
といった。

まさにその通りなのかもしれない。
私自身に、おごりや思い込みがあったと反省している。

子どもたち自身が成績を上げたく、そして上げる行動をするよう教育をしていかなければならない。

全ての子どもが、成績が上位の高校に入学するわけではない。
成績では低い学校に入学する子もいる。

ただ、全ての子どもが夢を持ち、希望に満ちた道を歩むことはできる。

織田信長は桶狭間の戦いで、今川勢を打ち破る。
歴史で脚光を浴びるのはもちろん、信長とその側近だけ。

でも
現実は、名も残っていない兵士たちの、勇気や志があったのだろう。
全員が、信長にはなれない。

子ども達には、勇気と志を与えられる教育を目指したいと思う。
スポンサーサイト

マスク

「マスク」という映画を先日見た。

結構古い映画です。
この中に、見習うべきところがある。

こんなセリフです。
「絶好調!!」

この頃、精神的にも肉体的にも疲れている。
でも、マスクを被った主人公のように
「絶好調!!!!!!!!!!」

といい。

今日も頑張る。

学習空間HOPE↓↓
http://hope01.club.officelive.com/default.aspx

不幸な人との出会い

先日、新しい出会いがあった。

25歳の女性である。
友達の紹介で会うことになった。
その子は一連の挨拶がすむと、自分がどれだけ不幸かという話を始めた。
そして、その不幸の原因の1つに親の育て方を上げた。

小学生なら確かに、親の責任もあるだろう。
しかし、25歳になって親が悪い、性格が悪いという話にはならないと思う。

幸せとは「幸せだと感じること」という話を聞いたことがある。
これによれば、幸せだと思えれば幸せになれる。
逆に不幸だと思えば、不幸になれる。
選択は自分に任されている。

きっと、この子はもう1つの選択肢に気づいていないのだと思う。
また、会う機会があれば、この子の人生を見ていたいと思う。

また私は、学習塾で様々な子どもと会うが、
少しでも、幸せだと思えるようにできる限り努力したい。


↓↓学習空間↓↓
http://hope01.club.officelive.com/default.aspx

theme : 成功をかなえる自分に向かって
genre : ビジネス

学習塾の不振

学習塾の不振が続いている。

本州の塾の大手は授業料を下げるという方針を打ち出している塾もあるという。
また、資本がある塾は他の塾の株式取得に動いている。

特に不振が続いているのは中堅的な学校へと進学させている塾だとか。
難関な超進学校への進学が強い塾は、業績はいいらしい。

現在の不況の中、生活に苦しい世帯は子どもの教育費に削る傾向にあるのだろう。
もちろん、現在でも、幼稚園からエリート教育などを行なう世帯には、教育費を削らずにすんでいるという傾向が感じられる。

古い本になるが「大衆教育のゆくえ」では、世襲制は政治の世界以外でも起こっていると述べられている。高学歴・高収入の親は、子どもに塾など教育費をかけられ、当然、その子も高学歴・高収入への道へと進む可能性が高いと。


全ての子どもに無限の可能性がある。
弊社の塾でも、子どもは通いたいと思うが、お金が出せないという例もある。

塾と子ども、親、三位が一体となり、win-win-winの関係になれるように日々考えていきたいと思う。


学習空間HOPE

携帯電話

弊社の塾で困った子がいる。

授業中に携帯電話を使用する生徒である。
もともと、塾も親に行かされている、その生徒は、本当は勉強したくないのである。

そんな状況で、携帯を持つ生徒は、塾でもメールをしている。
実際に、注意はするが効果はない。

鬼のように叱り、勉強をするフリはさせられるが、
ゆっくり気長に待つしかない。

そんな中、13歳で気象予報士に合格したニュースを見る。
きっと、うちの子も携帯のコミュニケーション学なら、すばらしい成績を取ると思う。

ゆっくり、ゆっくり勉強の楽しさを教え、その子が自ら勉強するように声がけが大切なのだと思う。
携帯への興味を少しでも勉強に向けて欲しい。


学習空間HOPE
プロフィール

Web部門担当者

Author:Web部門担当者
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。